香りの良いシャンプー「モイストダイアン」

最近、私の髪、と言うか頭皮もかなりダメージを受けているように感じる。痒みもあるし、掻いたら掻いたで皮が剥がれ、血が出てしまうことも多々あるのだ。正直辛く、将来が不安だ。

まあ、それはそれで辛いのだが、更に悲しいことがある。私の頭は臭いのだ。頭を掻いた指先を、周りの目をきにしながら、しかも大胆に匂いをかぐ。そのときに私の鼻孔を通り抜ける焦げた夏の香りは、皮脂とホコリがべっとりと交わったもの由来だった。

しかし、現在は違う。私の今の頭を是非掻いていただきたい。いかがかな、ワイルドベリーの香りである。私の頭皮は、モイスト&リペアによっておおきな変革を遂げた。まさに頭皮革命といっても良いだろう。皮脂とホコリの混じった香りは、女子力バリ高ちょい甘スメルに変わったのである。

もちろん変わったのは香りだけではない。頭皮や髪に蓄積されたダメージも、オイルシャンプーならではのうるおいでしっかりと補修がなされた。私の頭皮の現在の耐久力は、まるくなるを100回積んだツボツボ並である。いや、それはない。しかし、ハリツヤに自信がついたことはしっかりと断言できる。洗いあがりも指通りも100点とはいえないが、80点は超すだろう。まさに殿堂入りのシャンプーといえる。