毎日のスキンケアが美肌を作るコツになります

健康的な肌を保つために、メイクや汗の汚れをクレンジング料や洗顔料で丁寧にしっかり落とすことが重要なポイントです。
メイクなどの油性の汚れは、クレンジング料で汚れを浮き上がらせます。
汗やほこりなどの水性の汚れは、洗顔料をつかいますが、このときに手でごしごしこすると摩擦が生まれて肌が痛みます。
しっかりと泡立てて、肌との間にクッションを作るようにしましょう。
汚れがしっかりと落とせていないと、毛穴詰まりや黒ずみ、吹き出物などトラブルが多くなります。
Continue reading

年齢による美容法の変化を実感します。

若い頃は自分でいうのも何ですが、きめ細かい肌で、肌を褒められることがよくありました。
一部の美容部員さんは「ほっとくとがたがたになるよ」と
警告されていましたが、気にもとめませんでした。
自然派なことと、育児で多忙だったので、自分の肌のことはほとんど手入れしないという状態が数十年続きました。
何もしないことがかえってお肌に良いという説も都合良く意識に取り入れていたのです。
ふと気づいた時には時既に遅しでしょうか。
あの美容部員さんの言ったことが証明されてしまったのです。
乾燥しまくり、保湿してもすぐに肌が吸い込んだのかどうだか、翌朝には砂漠のようになっています。
そして、みごとなシミ・しわ・くすみと、どこかで聞いたようなトラブルのことばがすべて当てはまる肌になっていました。
先日TVで聞きましたが、若い頃は何もしないと肌が活性化して自分で潤いを取り戻すけど、あくまで若いからであって、加齢すれば、もはや潤いは外からも与えなければならなくなっているそうで、心底から納得しました。
あまりに遅い気づきですが、還暦にはなってないので、諦めないで保湿しようと思っています。たとえ今からでもこれ以上のトラブルは防ぎたいものです。

皮脂の保湿力

今日の仕事はひたすら自分の成功のためだけに、力を送り続けることです。力と一言で言っても様々な力があります。

英語訳してみるとしてもpower,forceなどなど、といっても2つしか思い浮かびませんが、いろいろな意味がありますよね。その中でちょっと保湿力に注目して考えてみたいと思います。

なぜ肌が保湿されているのかというと、それは体から分泌される皮脂があるからです。皮脂というのは、読んで字のごとく、皮膚の脂です。牛や豚にも脂があるように、人間からも脂が出ています。すこし脱線してしまいますが、豚の脂で作ったおいしいラーメンがありますが、あれももしかしたら人の脂で作れるかもしれませんね。食べたくありませんが。
赤ちゃん乾燥肌

そのように、身体から出る脂で我々は肌を保湿しています。人間の赤ちゃんなどは皮脂の分泌が多いため、肌は保湿されています。ただ、時期によっては乾燥もするそうです。