就職すると自分の時間もてなくなりそうで不安

俺は就職してもスカイページコマーシャルは続けるつもり。スカイページコマーシャルってなんだよッて感じですよね。まあこれは俺の中の隠語。スカイページコマーシャルを、社会人としての生活のなかでいかに行っていくか。暮らしにどう組み込むかっていう問題だよね。
そもそも、実際の出社時刻と退社時刻がわからん。普通に、昼休憩1時間の実働8時間で、9時間は勤務時間なわけじゃん。そうすると、仮に8時始業なら、17時に終わりでしょ。でも、やっぱり早めに出社すべきだし、通勤時間も考慮すると、たぶん7時前後に家出る感じで、18時前後に家つく感じか。んで、俺的残業時間の許容範囲が一日2時間だから、いや、ホントは常に定刻がいいんだけど、最悪の許容範囲の話で、2時間。そう考えたら19に終わりとして、家つくの20時か。でも、これでもかなりホワイトなんだろうな世間の認識からしたら。まあ、仮にということでここは話をすすめよう。7-20時までの13時間は、社会人としての時間として使われる。この場合は。24-13でのこり、11時間。7時間半は寝たい。んで、朝の準備に45分。夕飯に、調理時間込で1時間15分。そしたら朝と夜の生活に必要な時間で7時間半足す2時間。合計9時間半。あ、食料品の買い物の時間考えてなかったわ。まあいいか、帰り道に八百屋あるし。さて、11ー9.5ですね。すると、残り1時間半かよ!!やばいなこれ。この中にスカイページコマーシャルに使う時間と、余暇に使う時間を押し込まないと行けないのか・・・。もし仮に、残業が2時間じゃなくて2時間半、3時間、4時間…とかだったらスカイページコマーシャルどころか余暇もないじゃん・・・。つらすぎるわ。理想としては、残業1時間前後かなあ。それで、スカイページコマーシャルは一日1時間、余暇時間1時間でちょうどいいんじゃん?てか余暇時間ってよく考えたらなんだよ。なにするんだよ笑作曲でもするか?読書は勉強時間として計上したいしなあ。

最悪だ!!

記事消えたわ!マジ最悪だわ!

せっかく書いてたのに間違えてなぜかバックスペース2回押してしまって

クッソ!ムカツクわ!記事消えた!うぜええええええええ!

ちなみに、消えるまえの記事にはこんなことが書いてありました。

おれは去年くらいにヒップホップにハマってた

ああ、2回にもわけてまた書くのクソだりいぃな。てか、なんでワードプレス、下書きの機能ついてるのに

保存されてねえんだよ、この記事は何回も下書き保存されてるのにさっきの記事は全然残ってねえじゃねえか。バカかよ。

まあ、そんなわけで、去年はなんだっけ、ワーキングwithヒップホップとかいって、Run-DMCを聴いてたんだよね。

あれから俺はWarren Gを聞くようになって、メロウで暗くて、ちょっと暴力的かもしれないが非常にクールな雰囲気のG-funkにハマって、ドクタードレとかスヌープドッグとかを聞くようになったんだよ。もちろん他のも聴いてるけどね、

作業しながらヒップホップを聴くってことだよ。ちなみに今何を聴きながらこれを書いているかというと、G-funkじゃないです。Eminemのthe eminem showです。

点描法って面白い

俺は点描法については全く無知だ。

てか、まず美術について全く無知だ。

こういうときにいちいち小中高生の成績を持ち出して自分の能力の低さを論証するのはなんだかフツーすぎて気に食わないけどやってみる。俺は中学で美術が基本的に2だった。

でも、点描法は面白いと思う。

点々が絵になってんだもの、なにこれw

世界を光でとらえて、それを点で表現するのが点描法。

俺は世界を何でとらえて、何で表現できるんだろう。

気づいたらこの世に生を受けてしまって、いいことわるいことうれしいことかなしいこと心地よいこと苦しいこといろいろ感じながら生き続けてる俺に、表現をしなければならないっていう義務はないけれど、俺は何を表現できるんだろう。

表現の媒体は何があるんだろう。肉体も表現の一つか。文章もそうだ音楽もそうだ。論文は表現なのか。主張があればそれは全部表現だろう。

点描法の主張はなんだろう。シニャックはなんで、筆の先っぽだけで、しかもいろんな色を使う癖にちょんちょんと点で絵を描いたんだろう。

まったくわからないぜよ